誰かを本当に理解したい場合、相性が人を再生させる可能性

sponsored link

元政治家の金子恵美さんが、東京オリンピック楽曲制作の

小山田圭吾氏を擁護するような発言をされましたが、

金子恵美さんのホロスコープを見てみると金星と冥王星の

インコンジャクトがあります。

小山田圭吾氏の虐待問題に関して金星と冥王星のオポジションの

観点から記事を書きましたが、やはり同じ組み合わせのハード

アスペクトを持っていると金子恵美さんの発言の真意を

理解し易いところがあるのかも知れません。

相性を見るときに同じ天体や感受点の組み合わせを持っているか

どうかもみるからです。

ちなみに金子恵美さんの金星と冥王星のインコンジャクトのサイン(星座)の

組み合わせは、魚座と天秤座の組み合わせなので、小山田圭吾氏と同じ

金星魚座であっても冥王星からの強制力は、基本的に誰とでも仲良く

しなさいというものになります。

しかもインコンジャクトですから、その内容をトレーニングして

伸ばしていくのです。

金子恵美さんが政治家を引退した理由が選挙区の人間との軋轢を

あげていましたからよっぽど難しいお相手が存在したのでしょう。

父親も村長をされていたようなので他人と仲良くすることが

重要なテーマとなる家庭だったのかも知れません。

誰かを本当に理解したいと思った場合は、同じようなアスペクトを

持っている人に意見を求めてみるのも一つの方法です。

小山田圭吾氏の行いは、被害者の方の尊厳を打ち砕く魂の殺人

であり単なるイジメでは、ありません。

これを単なるイジメと理解して解釈してしまえば世の中は、

大変なことになります。

それでもある一定の理解を示すことが出来るタイプの人たちが

どんな場合でも存在します。

これは大切なことです。

個人的には、小山田圭吾氏は、あり得ませんが様々な視点が

健全な形で働く必要があります。

改めて相性の良さに人を再生させる働きを再認識したような

気分になりました。

しかし理解を示されたり、チャンスを与えられても本人自身が

それに適切に応えなければ良い働きは、生まれません。

もちろん、理解や援助も適切なものかどうか考慮される

必要があります。

sponsored link
error: Content is protected !!