親の愛とパートナーとの愛で変化する幸運術

sponsored link

恋人やパートナーとどのような関係になるのか知る方法と利用の仕方

という記事を先日書いたのですが、今まで

利用の仕方という視点で書かずに、ひたすら

新しい幸運術の紹介といった姿勢で書いてきました。

しかしブログ記事の性質上、特定のある部分だけを

取り上げるのですが、ホロスコープ全体から

見た時にどのような意味を持つか変わってくる

部分もありますし、もっと言えばトランジットの

影響やその人自身の時間経過であるソーラーアーク

と言った観点も加えるといくらでも変化していきます。

近親と深い関係になる可能性のあるアスペクト

という記事で東出昌大さんのホロスコープを

使わせて頂きましたが、第5ハウスリリスは

恋愛関係でトラブルを起こし易い傾向が

ありますが、これが無ければ更に母親の保護に

取り込まれてしまいます。

杏さんとの結婚生活では悪のように見えても

東出昌大さん個人にとっては母親に完全に

コントロールされないための大切なリリスに

なっています。

東出昌大さんは、月星座が蟹座ですから

どうしても甘えたい気持ちが強く上記リンク記事で

取り上げたようなアスペクトがトランジットの

影響等で何かの拍子で違った方向に働くと

それはそれで怖いものがあります。

10天体と計算上の感受点の決定的な違いは

10天体(特に個人天体)はその人の主体として

能動的に働くのに対して計算上の感受点は

周囲の環境や人間関係で変化する部分がかなり

大きくなります。

sponsored link

東出昌大さんの第5ハウスリリスは、杏さんの

第4ハウスリリスの封じ込められた部分を

吐き出して外に置いて杏さんに見せたという

側面もあります。

杏さんは蠍座のアセンダントと山羊座のMCの

組み合わせだと考えますから、第4ハウスにある

リリスと真面目に対決しようとするでしょう。

しかし第4ハウスにリリス的エネルギーが

蓄積するのは避けられません。

そのエネルギーを東出昌大さんが吐き出してくれた

という言い方も出来るのです。

このようなニュアンスは当の本人たちしか分からない

部分ですが、杏さんは悲しみつつもある程度は

過去の家庭環境と勘案して受け入れるという

表現は違いますが、ある程度受け止めていた部分が

あったと思います。

そしてその流れをどこかで自分の力で修正を

かけたかったと思います。

しかし結果的に無力でした。

東出昌大さんは世の中がブレーキをかけるまで

唐田えりかさんと突っ走り続けていきました。

この時点では東出昌大さんの第5ハウスリリスは

完全に悪でしょう。

単なる色を好む姿になってしまいます。

このようにたった一つの感受点でも状況によって

様々な働きをします。

立場によっても意味合いが変わります。

「利用の仕方」だけではなく、様々な変化も

含めてその感受点の姿です。

もちろん、どのようなホロスコープに含まれるかでも

様々な違いが生まれます。

ある時は善にも見えれば悪にも見えますが、

時が過ぎれば良かったということもあります。

このような側面は解説ではなく物語的な文脈でしか

見えてきません。

幸運術の紹介もしていきたいと思いますが、

月星座の相性一つとっても様々なパターンが

ありますから、出来るだけ実際の有名人を通して

紹介していけたらと思います。

そのような場合は、推理したホロスコープを

使うこともあると思います。

その点に関してはそのことを都度都度明記します。

ブログを読んで頂いている方々にも生まれ時間が

分からない方が沢山いらっしゃると思うのです。

可能性を考えるという意味でホロスコープを

推理することは役に立つと考えています。

それは仮説ですが、仮説があれば検証が出来ますし

修正を加えることも出来ます。

個人的に各天体、各感受点の箇条書きの説明は

楽しくないという面もあります。

人の命は大きな物語の中の一部で動いています。

コロナウイルス対策のように政治の状況も

個人の生活に大きな影響を与えます。

マスクの買い占めのように大きく影響される人います。

その是非が問題なのではなくあくまでも占星術的視点で

違いあるという部分を書きたいのです。

幸運術と言ってもそのやり方が向く人向かない人が

いるということです。

しかし時期、タイミング次第ではそれもひっくり返る

場合もありますから、物語の中でしか分からないことも

沢山あります。

大東駿介さんの貧しかった時代が報われたアスペクト

という記事を書きましたが、このアスペクトの影響が

成功した後に表れると「あの人は今」みたいになります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!