12サイン別、セレス星座を使った能動的な育て直し

sponsored link

ありのままの自分を育む愛とセレス(条件付きの愛からの脱却)

という記事が前提にあります。

恋人やパートナーと生まれ直す場合は、

第8ハウスは再び生まれ直す場所

と言う記事で扱っています。

★どのような欲求を満たせれば努力で育て直すことが出来るのかを

セレスのサイン(星座)を通して考えます。

セレスのサイン(星座)の内容を使う時は、以下の四つのポイントを

注意を払わないと努力が自分自身を破壊する側面が生じます。

1、自己受容のある自己肯定感と自己受容のない自己肯定の

両面から愛情について考えます。

これが一番重要です。

自分自身を受け入れている程度以上に努力すると自分自身を

破壊してしまいます。

無理に頑張ると絶望的な感情の方を増幅させます。

2、親子関係が基本ですが、愛情関係であれば現場になります。

3、結果的にどのような家庭(愛情関係)を望むのか

考えることも大切です。

努力の手段と願っていることのギャップは、少ない方が良いです。

4、セレス星座の努力がネガティブな愛着(悪い意味での依存)の手段に

陥っていないか自問自答して下さい。

もしやと思う場合は、努力を見直したり中断したりして下さい。

牡羊座のセレス

可能な限り自ら思いつくままに行動出来る環境で生きることが

生まれ直せるようなポイントになります。

牡牛座のセレス

セレス牡牛座は、段階があります。

お金や好きなものを得るという段階から自分自身の本質を

具体的に大切にする行動が生まれ直すポイントになります。

双子座のセレス

セレス双子座の人は、自助努力は難しいかも知れません。

自分自身の好きな知識に基づいたコミュニケーションの

相手が必要です。

もちろん、自主的に学習して発信するということが悪い

わけではありませんが、自分自身を育て直す趣旨で考えると

実際に話す相手がいた方が良いです。

蟹座のセレス

愛されている実感を得ることが育て直しに繋がります。

注意ポイントの1や4がとても心配なセレスです。

獅子座のセレス

自分自身の本心を表現することが育て直しに繋がります。

乙女座のセレス

安心感(完璧主義に根差している)を得る行動や奉仕的行動に

よって育て直しに繋がります。

sponsored link

天秤座のセレス

自他共に個性を認めることで仲良く出来る(共同作業)ことで

育て直しに繋がります。

蠍座のセレス

他人との深い絆を体験することで育て直しに繋がります。

蟹座のセレスと同様に注意するポイントの1と4に

気を配る必要があります。

サイン(星座)の性質上、後半部分に行けば行くほど他者との

関わりが生まれますからある種の難しさがあります。

しかしそれだけのリターンもあるので慎重に努力する

価値はあります。

コツは無理をしないことです。

射手座のセレス

取り組み方は、千差万別です。

自分自身を深めていけると感じる価値や目標に向かって

努力することが育て直しに繋がります。

これは好きにやれるので気楽に思えるかも知れませんが、

このタイプの人で育て直しが気になる場合の本当の問題点は、

勇気がないことです。

好きなことを追及出来るように本当の意味での勇気を

少しずつ培うしかありません。

皮肉や悪口は幸運を遠ざけます。

山羊座のセレス

目標を達成することが自分の育て直しに繋がります。

射手座と異なるところ他人の評価を気にしている点です。

達成した結果、受け入れて欲しいという部分があります。

やはり注意ポイントの1や4に要注意です。

水瓶座のセレス

難しいセレスです。

自分自身の主義主張をどこまで通せるかが問題になりますが、

その実感を得るために常識や日常生活を破壊し過ぎる

リスクがあります。

水瓶座や魚座は、太陽星座レベルの理想であってもそのまま

実行に移すことは難しいサイン(星座なので要相談です)。

魚座のセレス

誰かに優しくする若しくは、誰かに優しくすることで

育て直しに繋がります。

水瓶座や魚座は、太陽星座レベルの理想であってもそのまま

実行に移すことは難しいサイン(星座なので要相談です)。

sponsored link
error: Content is protected !!