結婚を意識した恋愛で金星と火星は、どっちが大切?

sponsored link

恋愛に関しては、金星と火星を重視して考えます。

しかし金星と火星がコンジャンクションしている人

ばかりではないので、どちらかが相性が良かったり

悪かったりすることがあると思います。

結婚に関しては、月やアセンダントが大切です。

アセンダントは、命そのものと関わっているので

努力して変更出来るものではありません。

月星座は、それが満たされないと安心感が得られずに

情緒的に不安定になってしまうことを表しています。

つまり長期的に安定した関係を築くには、月の相性が

良いことが必須です。

アセンダントも月も結婚の相性にとても大切です。

そのようなアセンダントや月に金星が絡むと愛情を

感じ易くなります。

ところがアセンダントや月に火星がアスペクトを

作るとイライラすることが増えてケンカが多くなります。

ですから結婚を意識した交際を望むのであれば、金星を

優先した方が良いです。

基本的に金星を優先した方が良いのですが、アスペクト

次第で火星も役立つこともあります。

火星は、太陽と相性が良ければ太陽をかなりフォローします。

以下は、月やアセンダントと金星と火星の相性について

一言解説です。

sponsored link

月(アセンダント含む)と金星

月と金星がコンジャンクションの相性

基本的にとても楽しめる相性です。

それぞれが他の天体と特殊なハードアスペクトとかを

作っているとその限りではありません。

月と金星がスクエアの相性

基本的に楽しめる相性ですが、月を持っている人が

疲れるかも知れません。

ホロスコープ全体の問題になりますが、月を持っている人が

金星のひとよりもパワフルならば飽きずにいられることが

メリットになります。

逆の場合は、ピンチなので交際を続けたい場合は、何らかの

配慮が必要です。

月と金星がトラインの相性

楽しい関係です。

ただマンネリには、注意です。

月と金星がオポジションの相性

楽しめる相性の前提ですが、月の人が金星の人に

ついていけるかどうかがポイントです。

月(アセンダント含む)と火星

月と火星がコンジャンクションの相性

月の人がエネルギーをもらえるような感じになります。

これもそれぞれの月や火星のバランスがポイントになります。

月の人の月が冥王星とコンジャンクションしていると

スイッチが入ると月の人の方がパワフルになることもあります。

月と火星がスクエアの相性

厳しい相性です。

長期的には、ケンカのダメージが月の人に溜まります。

月と火星がトラインの相性

それぞれの月や火星が特殊なアスペクトを抱えていなければ

火星の人から穏やかなエネルギーがもらえます。

月の人が元気になります。

月と火星がオポジションの相性

ケンカが増える可能性があります。

たまに会う関係であれば元気がもらえるとも言えます。

結婚には、総合的な判断が必要です。

まとめ

今回は、特に簡潔に書きましたし、相性は一つの要素では

決まりません。

特に火星との相性で気になる場合は、しっかりとホロスコープ全体を

見てみて下さい。

ホロスコープには、必ず矛盾しているように見える部分があります。

そのような部分は、相性の置き替えをするために働く保険のような

ものになったりします。

ただ置き替えで相性が良くなる場合は、お互いが努力を怠ると

気持ちが離れていきますから注意が必要です。

相性の置き替えの例として杏さんと東出昌大さんの時の記事を

張って置きます。

相性の置き替えは、沢山あるので気になる人は必ず調べて下さい。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!