私のタロット占いのやり方と三浦春馬さんを好きな人に伝えたいハブ空港

sponsored link

最近、ぽつぽつと「○○○○○○ タロット占い」と

検索キーワードがダッシュボードに上がってくるのですが、

タロット占いは、可能な限りそれぞれのカードの抽象的な

部分を通して読んだ方が沢山のイマジネーションを

拾えるような気がします。

このカードは、こういう解釈というような受験勉強みたいな

使い方をすると、せっかく受け止めたイマジネーションの

ほとんどを切り落とすことになると思います。

ただ言われ続けている基本的な意味の凄いところ、大切な

理由は、イマジネーションが広がり過ぎて収集が

つかなくなった時にスパッと収斂されていくことが

あることです。

ですからタロットカードを引いた時のイマジネーションを

言語化する時に適切な倍率に言葉を調整する方法(幅)として

抽象的な意味と基本的な意味を抑えておくと便利だと思います。

タロットカードを分かり易くするために大アルカナを

中心に使いたがる人もいらっしゃいますが、小アルカナのスートは

それぞれのカードのキャラクターの境界線をそれぞれの元素で

しっかりと分けているので小アルカナを使わないのは、

とてももったいないと思います。

人物カードは、人や物や事のレベルを推し量るのに便利です。

誰が考えたか知りませんが最終的にこのような構成に落ち着いたのは

占っていて便利だからだと思うのです。

スピリチュアルな対話について

これは、基本的にそれぞれの人の霊感に依存しますが、霊感は

能力と言うよりも一つの人格であり、ある意味、現実から

抜け易い資質であってこの世に生まれて来た本来の目的と

照らし合わせて考えると、あまり良いものではありません。

現実にどんどん取り組んで自分自身にとって望ましい結果を

出していくことが大切だからです。

ただ前の言葉と矛盾しますが、生きているのにスピリチュアルな

問題に取り組みたいというニーズもあります。

このようなニーズでタロットカードを使う場合は、同じような

スピリチュアルな存在に対して根気よく対話を重ねないと

向き合っている存在を絞ることは出来ません。

もちろん頻繁に対話の対象を変えることも出来なくはない

でしょうが、良くて通り一遍の挨拶程度になってしまうと思います。

簡単に人間関係と同じですから、いきなり仲良くなれることは

ないと思います。

何度か書いていますが、スピリチュアルな対話では、こちらから

タロット占いのテーマは決められません。

会話の内容を一方的に決めて問いかけるって不自然な行為です。

そのような如何にもという問いかけに答えてくるのは、

その辺りに徘徊しているタイプの人たちの確立が高いと思います。

そしてほとんどの場合は、ダイレクトに対話することは

あり得ないと思います。

審判のカードがあるのと同じ理由で時間や空間に制限がない状態で

同時に保存されいるもののどれかにヒットしているだけだと思います。

太陽のカードで双子が仲良くなれても次に審判のカードの必要性に

気が付いた人は、凄い才能と言うか、スピリチュアルな構造に

精通している人だと思います。

願いしろ対話の内容を知るにしろ、次の世界のカードまで行って

初めて現実に定着します。

言い方を変えればスピリチュアルなままで良いなら審判のカードで

終わっても良いはずです。

意味は、まったく異なりますが、それは小アルカナが9のカードで

終わらずに10のカードまであるのと同じだと思います。

まとめ

以上のような理由で現実的なテーマに対しては、対話する相手が

実際のイマジネーションを提供してくれるのでタロットカードの

基本的な意味(倍率が低い顕微鏡みたいなもの・現実的解釈)で

良いですし、テーマから内容から全て白紙で取り組むスピリチュアルな

対話は、抽象的な意味(倍率の高い望遠鏡みたいなもの)が良いと

思いますが倍率は、高くなればなるほど、何が映っているのか

分かり辛くなります。

これがスピリチュアルな対話が難しい理由です。

そういう時に一度、低い倍率に戻して全体を把握し直します。

イマジネーションがビジュアル化した状態で来るなんて

滅多にないことです。

それが起こったのがこちらです。

ある意味、観たままを書いてタロットカードを読む必要は

ないわけですが、だからこそ1日1枚ずつ掘り下げてから

再度通し読みをしました。

「そこにいるんだぁ」と思いました。

しかし、それは中心になる念であって、もっと言えば

それは伝えたいことであって実態は、現実ですから

ここに居続けるわけではないのです。

しかし後は、枝葉です。

通り道を少しずつ見ていくだけです。

誰だってそうですがそれぞれの魂が使う道はけっこう

限定されています。

それが現実に反映されて現象化されているだけです。

話は、まったく変わりますが、だからこそ自分自身の個性に

否定的な見解を抱いても何の得にもなりません。

三浦春馬さんを好きな人でタロット占いをされる人が読んで

くださればかなり大切なことが伝わる内容になっていると思います。

その理由は、追い込んだ側が動く通路を知れば知るほど

どこかで現象とヒットするはずです。

大切なことは、生きている存在は動くということです。

ですから呼吸するように静かに上下運動している何かは、

追い込んだ側の観念的なものです。

言い方を変えれば、それがハブ空港です。

眼は多い方が良いです。

意識を伸ばせる人が同時に探した方が早いです。

sponsored link
error: Content is protected !!