生きる力を高めて自分の居場所を作る方法

sponsored link

無理しない方が上手くいくタイプの人

居場所を下さいという記事で書いたような

ニーズを持つ人も根本的な部分は同じです。

どのようにして自分と現実を上手く繋げるかです。

言い方を変えれば、自分にとっての

効率の良いコミュニケーションです。

ここで言うコミュニケーションとは会話能力

とかではなく、生きる力です。

対象が人であれば会話ですが、それ以外の

あらゆる存在ともそれなりのコミュニケーションが

それなりに成り立ちます。

それは間違いなくその人の生きる力です。

食材と会話することは料理です。

自動車やバイクと会話することは運転です。

自分の美しさと対話することは美容です。

体型と対話することはダイエットです。

こんな調子で無限にコミュニケーションする

対象はあります。

その中から自分にとって最も効率良く出来る

コミュニケーションの対象を見付ければ

生きる力は自然に高まっていきます。

このような内容をホロスコープを通して知る

方法を書きます。

sponsored link

自分に合うコミュニケーション対象が現実的な場合

水星、金星、木星を連携させて生かす具体的な

方法を身に付けて下さい。

この3天体が調和的に働くと実社会で豊かに

暮らすことが出来ます。

アスペクトの内容によって扱い易さは異なりますが

どんなアスペクトでも無いよりあった方が働きます。

マイナーアスペクトを考慮しても大丈夫です。

それも無い場合は、360度を72分割して

5度ずつ区切った関係でそれぞれの天体の意味を

拾っても構いません。

大切なことは水星、金星、木星の調和的なイメージを

取り出すことです。

占星術的にはそれぞれの天体やハウス、サイン(星座)

と言った内容を併せて考慮しますが、かなり総合的な

知識が必要になります。

そこで最も簡単方法をお勧めします。

それぞれの天体の解説を個別に箇条書きします。

1、天体とサイン(星座)。

2、天体とハウス。

3、出来れば天体のサビアン度数です。

ここではアスペクトは無視します。

1、2、3を具体的なコミュニケーション対象を

思い付くまで毎日、眺めます。

これだけです。

アスペクトに頼らずに自分のイマジネーションに

1、2、3の要素を結び付けてもらうのです。

感覚的にしっくりくるものを導けたら何の

問題もありません。

自分に合うコミュニケーション対象が非現実的な場合

水星、金星と海王星を連携させて生かす具体的な

方法を身に付けて下さい。

独自のニーズを満たす対象が見つかります。

見つける方法は自分に合うコミュニケーション対象が

現実的な場合と同じです。

居場所の作り方、パートナーとの出会い方の実例

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!