蠍座のハウスを使って人生を逆転する方法

sponsored link

以前、人生を逆転する可能性と蠍座・第8・冥王星の

あるハウスの関係という記事を書きました。

この記事タイトルは、蠍座のハウスを使ってと

書きましたが、第8ハウスや冥王星のあるハウスにも

通じる部分があります。

一つ目のポイント

自分にとって何が重要なことなのか見極めること。

二つ目のポイント

大袈裟に言えば、死にそうに感じる感じるポイントを

超える努力をすることです。

これはある程度の無理を意味しますが、それまでの

自分を超えるというくらいの意味です。

客観的に死にそうなほど頑張る必要はありません。

大事なコツ

実際は一つ目と二つ目のポイントを巧妙に

バランスをとる必要があります。

一つ目ポイントは、少しずつ試してみて

自分自身の本気に相応しい内容かどうか

確かめていきます。

この時に白黒つけて考えると無駄が発生します。

sponsored link

試行錯誤の一つ一つを死ぬほど頑張るに

相応しい内容に近づくステップと理解すると

無駄が生まれません。

試行錯誤が生まれる理由はホロスコープ全体が

影響することで相応しい内容が決まるからです。

実際に試行錯誤せずにホロスコープだけを

読んで考えるとハウスや星座の組み合わせ等々

かなりの情報を処理しなければならず

本格的な鑑定になってしまいますし、

鑑定のように時間を限定して第8ハウスを

考えると取り組みが「点」になってしまい

「成長」が考慮されません。

蠍座や第8ハウスを利用する生まれ変わるような

取り組みは一時的に一つの方法から離れても

他の経験を積んで再び戻ってくることで

更に深まることもありますから、鑑定のように

その時の条件だけで決めるものではありません。

蠍座のハウスは、無理をしますから必ずどこかが

壊れますが、だからこそ生まれ変われます。

それまでにない部分を何度でも自分自身に

付け加えていきます。

ですから第8ハウスを利用する具体的な方法は、

自分自身にとって永遠に成長可能なテーマ

という言い方も出来ます。

自分を主体に考えればいくらでも努力出来る

テーマとも言えます。

第8ハウスは結婚生活といった内容も含みますが、

ずっと一緒に成長出来るパートナーという基準で

結婚相手を探して結婚(恋愛段階は第7ハウス)

一緒に試行錯誤しながら成長するとも言えます。

それは二人の夢であったり基本的には二人で

家庭を運営していくことです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!