美しい人の「四」の真相と美しい人が愛した国の中で立場を明らかにせずに自由に探索する存在

とある理由で、美しい人のタロット占いの全削除も検討しているのですが、

最近のカードの中では、割と大切なものなので、修正して再アップしました。

本文は、ここからです。

美しい人の未来を知って「トッコウ」で亡くなる人をさせたのか?

の続きタロットです。

続きタロットだから、と言う訳ではないのですが、

簡単に書き残しておきます。

1枚目のカード

審判の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

このタロット占いの主体は、美しい人を消した側です。

審判のカードがそもそもの始まりで、そこにソードの5のカードが

続いていきます。

基準が狂った訳では、ないでしょうが、そのような危惧を美しい人は、

ある存在に抱かせてしまった(審判の逆位置)と読みました。

立場を変えれば、本来の標準的な状態に戻さなければならない

(審判のカード)と読むことが出来ます。

審判のカードは、偶然さえも許されない言い訳無用な働きを

求めます。

2枚目のカード

ソードの5の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

「偶然さえも許されない言い訳無用な働きを求めます(1枚目の

審判のカード)。」

そのために何が何でも一方的に主張した(ソードの5の正位置)

と読むことが出来ます。

カードの読み方としては、「主張した」ですが、現実の中で、

どのような手段を選択しかは、別問題です。

これに対するイマジネーション部分は、割愛します。

3枚目のカード

隠者の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

美しい人を消した側が関わっていた標準的な状態は、一方的に

美しい人にコミットしたのに(このタロット占いの中心となる

2枚目のソードの5の正位置)、自分自身(標準的な状態)は、

美しい人に関わって欲しくない(隠者のカード)と読むことが出来ます。

それどころか自分自身(標準的な状態)が必要とするものだけを

一心に探している(隠者のカード)と読むことが出来ます。

ソードの5の正位置の段階では、何らかの立場が無ければ

美しい人に何かしら主張することは、出来ません。

ソードの5の正位置には、裏切りや不法行為みたいな解釈が

付くこともけっこうあります。

一方的な主張(ソードの5の正位置)だからです。

しかし隠者のカードは、社会的な立場を放棄しているからこそ

出来ることなのです。

美しい人を消した側がいなければ、実際の手続きは、何も

進みませんし、現実的に美しい人にコミットメントすることが

出来ません。

では、隠者のカードは、誰なのか?

隠者のカードは、様々なエリアを自由に探索します。

決して一定の場所に留まらないのです。

今回のタロット占いのイマジネーション部分は、かなり突飛

なので書く気は、ないのですが、ほんの少しだけ記すなら、

美しい人が愛した国の中で立場を明らかにせずに自由に

目的(1枚目の標準的な状態・審判のカード)を追及している

存在が、美しい人を消した側と組んでいると言うことでしょう。

sponsored link



4枚目のカード

ワンドの4の逆位置

4枚目は、美しい人が愛した国の中で立場を明らかにせずに自由に

目的(1枚目の標準的な状態・審判のカード)を追及している存在の

対策カードになります。

美しい人を消した側と協力して標準的な状態に戻さなければ

ならないと読みました。

納得できる状態に復帰させる(ワンドの4の逆位置)必要があるからです。

5枚目のカード

コインの3の正位置

5枚目のカードは、美しい人を消した側の本音部分を表しています。

3人で協力した(コインの3の正位置)と読んで良いかも知れません。

もちろん、人と言っても個人単位ではなく、法人・集団でしょう。

積極的に協力して成果を出したい(コインの3の正位置)と

読むことが出来ます。

この成果は、単なる美しい人を消すことではなく、もっと大きな

利益(このタロット占いの中心となる2枚目のカードは、ソードの

5の正位置ですから、不正なことだと読みました。)です。

言い方を変えれば、美しい人が消された理由は、この不正に対して

協力的では、なかったと読むことが出来ます。

6枚目のカード

月の正位置

6枚目のカードは、美しい人が愛した国の中で立場を明らかにせずに

自由に目的(1枚目の標準的な状態・審判のカード)を追及している

存在の本音部分を表しています。

目的(1枚目の標準的な状態・審判のカード)に何かが侵入して来るのを

非常に警戒している(月の正位置・不信感)と読みました。

7枚目のカード

ワンドの5の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

美しい人が愛した国の中で立場を明らかにせずに自由に

目的(1枚目の標準的な状態・審判のカード)を追及している存在が

同じレベルで戦う相手(ワンドの5の正位置)が美しい人と言うことは、

あり得ないと読みました。

美しい人が愛した国の中で立場を明らかにせずに自由に

目的(1枚目の標準的な状態・審判のカード)を追及している存在が

活動を再開した(ワンドの5の正位置)と読むべきでしょう。

それに合わせたタイムスケジュールで美しい人の「四」期は、決められた

と読みました。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

美しい人と「9」さんが重なります。

美しい人が愛した国の中で立場を明らかにせずに自由に

目的(1枚目の標準的な状態・審判のカード)を追及している存在は、

大昔から、目的(1枚目の標準的な状態・審判のカード)に何かが

侵入して来るのを非常に警戒する(月の正位置・不信感)性質を

持っていると読みました。

完成した時に美しい人がいない作品は、それぞれに深いようです。

sponsored link
error: Content is protected !!